コスト面の違い

家庭用も業務用も、初めにかかる初期コストに関しては家庭用の方が機能が少ないことから安く購入することができます。
しかし購入後のことを考えると、意外にも業務用の機器の方が得になる場合があるのです。
その理由の一つは、家庭用の印刷にあります。
印刷する場合には家庭用ではインクジェットを使います。
もちろんインクが無くなれば綺麗に印刷することができなくなりますのでその都度購入しなければいけません。

このインクも写真やいろいろな画像をカラーでコピーするのにはとても多くのインクを使うことになりますので減り方がはやくなってしまいますのでそれだけ購入時期が早くなってしまい、コストがかかってしまいます。
業務用はレーザー式が多いのでそこに設置されているトナーで印刷することになります。
長持ちもしますし交換は頻繁には行わずに使うことができます。

しかし印刷した感じはインクジェットよりも画質は悪くなってしまいます。
このように初期段階では家庭用の方がコストは抑えられますが長い目で見れば業務用の方がやはり日々の必要になるものを購入するコストは少なくなると言うことになります。
今は家庭用の機器でも格債や縮小複合機が高性能になっているものもありあすので、機能を追求すればそれなりにコストもかかってきてしまいます。