機能面の違い

家庭用で使われるコピー機は多くがインクジェット式になっています。
反対に業務用のものはトナーと言うものを使うレーザープリンタ式が多くなります。
この二つの精度を見ると家庭用のインクジェット式の方が印刷したときに鮮明に印刷できます。
これには家庭用で使われる機器と言うものは、そのほとんどが写真などの印刷を行うものとして案が得られているからです。

ですから家庭用の機器はとても綺麗にカラーコピーも出来てしまうということになります。
しかし家庭用のものは水に弱いことと日の光などで色が褪せてしまうことです。
業務用の複合機はレーザー式ですが用途が家庭とは違いますので、大量の書類などでも印刷をすることができますし、コピーサイズの対応の幅も広くなっています。
家庭用では写真などを主にして使うことになりますし、頻繁に使うものではありませんが業務用は毎日印刷したりファックスしたりと言った感じで、そもそもの使い方が違うことで、機能面でも違いが出ています。

家庭用ではこのように綺麗に色が出れば問題はないですし、使いやすければ重宝すると言うことになります。
業務用は印刷枚数をまず考えて、その速度やかすれ具合、またファックスやスキャナーなどの機能がより使いやすければ仕事の効率がよくなると言うことになります。