コスト面の違い

家庭用も業務用も、初めにかかる初期コストに関しては家庭用の方が機能が少ないことから安く購入することができます。
しかし購入後のことを考えると、意外にも業務用の機器の方が得になる場合があるのです。
その理由の一つは、家庭用の印刷にあります。
印刷する場合には家庭用ではインクジェットを使います。
もちろんインクが無くなれば綺麗に印刷することができなくなりますのでその都度購入しなければいけません。

このインクも写真やいろいろな画像をカラーでコピーするのにはとても多くのインクを使うことになりますので減り方がはやくなってしまいますのでそれだけ購入時期が早くなってしまい、コストがかかってしまいます。
業務用はレーザー式が多いのでそこに設置されているトナーで印刷することになります。
長持ちもしますし交換は頻繁には行わずに使うことができます。

しかし印刷した感じはインクジェットよりも画質は悪くなってしまいます。
このように初期段階では家庭用の方がコストは抑えられますが長い目で見れば業務用の方がやはり日々の必要になるものを購入するコストは少なくなると言うことになります。
今は家庭用の機器でも格債や縮小複合機が高性能になっているものもありあすので、機能を追求すればそれなりにコストもかかってきてしまいます。

機能面の違い

家庭用で使われるコピー機は多くがインクジェット式になっています。
反対に業務用のものはトナーと言うものを使うレーザープリンタ式が多くなります。
この二つの精度を見ると家庭用のインクジェット式の方が印刷したときに鮮明に印刷できます。
これには家庭用で使われる機器と言うものは、そのほとんどが写真などの印刷を行うものとして案が得られているからです。

ですから家庭用の機器はとても綺麗にカラーコピーも出来てしまうということになります。
しかし家庭用のものは水に弱いことと日の光などで色が褪せてしまうことです。
業務用の複合機はレーザー式ですが用途が家庭とは違いますので、大量の書類などでも印刷をすることができますし、コピーサイズの対応の幅も広くなっています。
家庭用では写真などを主にして使うことになりますし、頻繁に使うものではありませんが業務用は毎日印刷したりファックスしたりと言った感じで、そもそもの使い方が違うことで、機能面でも違いが出ています。

家庭用ではこのように綺麗に色が出れば問題はないですし、使いやすければ重宝すると言うことになります。
業務用は印刷枚数をまず考えて、その速度やかすれ具合、またファックスやスキャナーなどの機能がより使いやすければ仕事の効率がよくなると言うことになります。

複合機は家庭用と業務用がある

複合機にも家庭用のものと、業務用のものがあります。
家庭用のコピー機には業務用と同じように印刷機能やファックス機能などがついています。
しかし業務用よりも簡単なものになっているのが特徴になります。
また、家庭用の機器の場合は、インクジェットタイプとレーザータイプがありますし人気があるのはインクジェットの方です。
家庭用で使うのですから当然価格も安く設定されていますし、使い方も簡単になっています。

また、それほど頻繁に使うことがないと思われるので消耗も激しというわけではありません。
使いやすさという面では家庭用は簡単で機械音痴の人でも操作は十分できるようになっていますが、印刷の速度が遅かったり用紙サイズが限られてしまっている場合がありますので、それぞれの使い方で機器の機種が選ばれます。
家庭用ではほとんどがA4タイプの用紙が多く使われる傾向があります。

業務用の物は大きさも機能も家庭用をかなり上回るものになります。
そして毎日使うことになるので消耗もかなり激しいものになりますが、コピー機を選ぶときには利用頻度を決めてから購入するようにしましょう。
もちろん印刷は家庭用よりもはるかに枚数が多くなりますのでその印刷枚数で機器を選ぶようにしていくようにします。
他の機能、例えばスキャナーなどを頻繁に使うことがあればそのコピー機の機能が充実しているものを選ぶことも一つの方法ですし、ファックスについてもパソコン側から入力ができるようになっているものもありますので、検討すると良いでしょう。